耳鼻咽喉科 望月医院

ご予約・お問い合わせ TEL.03-3442-3387
確かな医療技術と医療機器で、望月医院は、患者さんの「耳」「鼻」「のど」のお悩みに精一杯お応え致します。

東京都耳鼻咽喉科医会主催の休日診療で
当院に受診希望の患者さまへの重要なお知らせ

この休日診療は、東京都の委託を受けた東京都耳鼻咽喉科医会が主催で行っています耳鼻咽喉科休日診療です。したがって当院の通常の診療体制と大きく異なる部分があります。
来院をご希望される方は以下に上げます注意点を参考に、予めご了承いただきます様にお願いいたします。ご不明な点は医院に電話でお問い合わせください。

1:診療時間、受付時間、待ち時間について
◎診療時間は午前9時から午後5時までです。予約診療はできません。
◎午前中の受付の開始は9時0分からです。
◎患者さまの流れを見ながら、1時間程度のお昼休憩を頂きます。
◎午後の受付開始時間はその日の患者さまの流れで異なります。
◎午後の診療の受付の最終は概ね午後4時0分から30分くらいの間です。その日の患者さまの混み具合で最終受付時間は適宜変更がありますので予めご了承ください。
◎この東京都委託の休日診療を行う医院は東京都内に4〜6カ所しかありません。従って東京都及び神奈川県、埼玉県など近隣県からたくさんの患者さまが集中して来院されます。日によってはかなりの待ち時間が発生する事があります。
◎休日診療は患者さまも多く、問い合わせ電話も多いので電話が繋がりにくい事があります。また診療が大変忙しいのでメールでの問い合わせに直ちに返信する事はできません。
2:受付可能な健康保険証と診療の費用について
休日診療日は、同じ診療内容でも窓口負担は平日よりも高くなります。
◎各種健康保険証で診療できます。当日は必ず御本人様の健康保険証と医療証(対象者のみ)を持参して下さい。
当日保険証の提示が無い初診患者さまは保険での診療はできません。その場合全額自費でのみ受け付けます。以前当院に受診された事がある患者さまでも、最後の受診日から期間が離れている時は、保険証が無いと保険診療では受付できません。
◎旅行者でも保険証のコピーによる保険診療は法律で認められていません。コピーしかない時は自費診療になります。
◎当院は耳鼻咽喉科医院のため、東京都の喘息の医療証は使用で来ません。
◎東京都23区以外の乳児医療証は使用で来ません。
◎当日医療券が無い生活保護の患者さまは診療受付はできません。また当院が所属する港区以外の生活保護の患者さまは受付できません。
◎外国のインシュランス(insurance)は使用で来ません。証明書は別途証明書料金(3000円)がかかります。
◎当院はクレジットカード、デビットカード等クレジットカードや電子マネーによる支払はできません。現金のみ受け付けます。
3:投薬について
◎当院は基本的に院外処方としています。休日診療日は当院近在の調剤薬局はほとんどお休みのため、当医院から離れた調剤薬局をご案内する事があります。特にお子様の粉薬や水薬は調剤が困難な事があります。予めご了承ください。
◎休日診療では処方日数に制限があります。
4:診療内容について
◎当院は「耳鼻咽喉科」医院です。内科などの他科の疾患は診療できません。具体例:腹痛、下痢、気管支炎、気管支喘息(特にその発作)、眼の病気、手足の外傷など。
小児については、耳鼻咽喉科に関連した例(耳、鼻、のど)のみ対応します。それ以外は診療できません。
◎当院では点滴及び注射は出来ません。
◎当院にはレントゲン設備がありません。従って複雑な外傷は対応できません。具体例:鼻骨骨折、頭部又は顔面の大きな外傷、骨折など。
◎当院には入院施設はありません。
◎休日診療日は、各種予防注射の受付はできません。
◎休日診療日は、各種健康診断、健診は受付できません。
◎休日診療日は、緊急性のない手術(花粉症レーザー手術など)は受付できません。
5:その他
◎以下の様な場合、診療や治療をお断りする事があります。予めご了承ください。
◎設備などの理由で当院では対応が困難と考えられる病気やけがの場合。
◎重い持病のためこちらが意図した治療や投薬が出来ない場合。
◎院長や医院スタッフの指示に理由なく従えない場合。
◎何らかの理由で診察や治療に協力できない場合。
◎英語以外の外国語圏の患者さまで、通訳する方法が無くの意思疎通が不可能な場合。
◎他の患者さまに対する何らかの迷惑行為が認められた場合。
◎暴力行為や暴言、脅迫行為が認められた場合。
◎けんかや事故などの抗争に関連した障害の場合。
◎自動車事故や労災などに関連した障害の場合。
◎停電や天災などの診療が継続できない不測の事態が起きた場合。
◎当日診療費の支払が出来ない場合。
◎その他、院長が不適当と認めた場合。


PAGE TOP